トップ
ページ
会長あいさつ 歴代会長 Hot News 藤田まさと賞  新作コンクール History 会員規約
入会案内
組織
 
 ━趣旨━
  日本音楽著作家連合は、音楽著作家の生活権の確立と著作権擁護を掲げ、さらに音楽文化向上への寄与と 発展を目指し昭和48年作詩家、藤田まさと先生を始めとした有志の呼びかけにより発足した。
 「著作権と友好」をテーマに作詩家、作曲家、編曲家を会員として著作権の推進と発展を考える団体である
 
初代会長 藤田まさと
 <略歴>
 静岡県榛原郡(現・牧の原市)出身
1928年日本ポリドール蓄音機鰍ノ入社し、文芸部長の側ら作詞活動を行い「旅笠道中」「明治一代女」が大ヒットし一躍人気作詞家として活躍。多くの作品を世に残した。
1946年著作権獲得のために立ち上がり、大日本音楽著作権協会常務理事に就任。翌年2月日本音楽著作家組合を結成 副委員長就任、1967年同会委員長として尽力する。
1973年日本音楽著作家連合結成、会長に就任。
1970年日本作詩大賞受賞、
1973年第15回日本レコード大賞受賞、
1978年第20回日本レコード大賞特別賞受賞。
1969年紫綬褒章受賞、
1978年勲三等瑞宝章を受賞した。
1982年8月16日死去。74歳
主な作品
1935年 旅笠道中/東海林太郎/三波春夫(1958年)
1935年 明治一代女/新橋喜代三
1937年 妻恋道中/上原敏
1938年 麦と兵隊/東海林太郎
1939年 大利根月夜/田端義夫
1954年 岸壁の母/菊池章子/二葉百合子(1972年
1965年 まつの木小唄/二宮ゆき子/浅丘雪路他
1970年 傷だらけの人生/鶴田浩二
1976年 浪花節だよ人生は/小野由紀子
1981年 木村友衛、1984年細川たかし、他
 
 

第2代会長 星野哲郎
 <略歴>
山口県出身
1953年雑誌懸賞の入選をきっかけに作詞家への道に入る。
同人誌「新歌謡会」への参加。クラウンレコード専属作詞家、やがて日本コロムビアと専属契約、演歌を中心に活躍し、1996年日本作詩家協会会長」 1982年より日本音楽著作家連合第2代会長に就任。 2001年日本音楽著作権協会会長を歴任。
1986年紫綬褒章、1988年紺綬褒章2000年勲三等瑞宝章を受賞した。
故郷周防大島に「なみだ船」の歌碑建立、2007年には町営「星野哲郎記念館」完成。
2010年11月15日逝去。85歳。
主な作品
1959年 黄色いサクランボ/スリーキャッツ
1962年 なみだ船/北島三郎
1964年 アンコ椿は恋の花/都はるみ
1965年 函館の女/北島三郎
1968年 三百六十五歩のマーチ/水前寺清子
1970年 男はつらいよ/渥美 清
1975年 昔の名前で出ています/小林 旭
1982年 兄弟船/鳥羽一郎
1987年 雪椿/小林幸子
1987年 みだれ髪/美空ひばり
第3代会長 松井由利夫
   <略歴>
東京都出身
1946年小学校教員の側ら童謡「希望の丘」で作詞家デビュー
教職を務めながら地道に作詞活動を行なう。
1953年「だから云ったじゃないの」のヒットを機に教員を辞め本格的に作詞家として専念する。
以後、数多くの演歌歌手に作品を提供してきた。
1997年勲四等瑞宝章受賞した。
2000年日本作詞大賞受賞、2004年日本レコード大賞受賞、同年藤田まさと賞受賞、2005年長谷川伸賞受賞。
2009年2月19日死去。83歳。 
 主な作品
1953年 だから云ったじゃないの/松山恵子
1963年 男船/井沢八郎
1967年 夫婦酒/村田英雄
1985年 夢しずく/五木ひろし
1995年 おしろい花/水森かおり
2000年 箱根八里の半次郎/氷川きよし
2001年 大井追っかけ音次郎/氷川きよし
2006年 大江戸喧嘩花/小林幸子
第4代会長 志賀大介
 <略歴>
東芝EMI専属4年間
朝日放送専属5年間
日本クラウン専属5年間
大手広告代理店在職中、作詞依頼を受けたのを
きっかけに作詞活動を開始する。
平成24年 日本音楽作家団体協議会 会長就任
著作権情報センター理事 (現)
主な作品
1963年 泣きぼくろ/マヒナスターズ
1985年 千恵っ子よされ/岸千恵子
1993年 城/北島三郎
1993年 宴/北島三郎
2005年 纏/北島三郎
2006年 お吉/島津亜矢
2010年 はぐれ舟/大川栄策
2012年 昭和放浪記/大川栄策
2012年 お梅/島津亜矢
2016年 みれん心/氷川きよし

              
 トップページへ 一つ前に戻る